【湯船に浸かって】お風呂タイムは触れ合いタイム

暖かくなってくると、ついついシャワーで済ませてしまいがちなお風呂タイムですが、最近湯船に浸かっていますか?

湯船に浸かるメリットはご存知ですよね?

・血行促進

・代謝を良くする

・冷え緩和

・ストレス緩和

・免疫力向上

などなど・・・挙げればキリがないほどのメリットです。

そして子供が喜ぶお風呂遊びもたくさんあり、お風呂に入りながら子供と触れ合える大切な時間にもなります。

どうかお風呂タイムを義務的なものにせず、触れ合いタイムと捉えて大切にしてください。

①頭・体を洗う時も遊び感覚で

洗面器いっぱいに石鹸を泡立てて身体を洗い合うと、嫌がらずに洗わせてくれます。

泡をなすりつけ合えば遊びにもなります。

我が家はこのアワアワ遊びをするので、全身を純石鹸で洗っています。

成分表示に「石鹸素地100%」と書かれているものを選べば、小さな子供にも安心して泡を触ってもらえます。

ただ、いくら純石鹸でも目に入ると痛いので気を付けましょう。

②お風呂ならではの遊びを

お風呂ならではの遊びといえば「しゃぼん玉」が一番に思い浮かびます。

シャンプーでもシャボン玉液が作れるので簡単です。

最後にきちんと体についたシャボン玉液を洗い流しましょうね。

また水風船もオススメです。

水風船ご存知ですか?

水を入れることで膨らます風船です。

縁日の時に見かけるヨーヨーみたいなものです。

結構な重さがあり、湯船に落とすと水がばしゃっと跳ねるので、子供はそれが楽しいようです。

壁にぶつけても面白いですし、ヨーヨーのように伸ばして遊んでも良いですよ。

また500mlのペットボトル1~2本も、お風呂場では楽しい玩具になります。

湯船に沈めて飛び出す姿はロケットのようですし、湯船に沈めた時にプクプクと出る泡は「おならみたい」と笑ってくれます。

2本渡しておけば、湯船の水を汲んでもう1本に移し替えるという作業を延々と続けることもあります。

さあ、子供が遊びに夢中になっている間に、あなたも体を洗ってしまいましょう!

シャワーだけの入浴だと自分の体を洗う時間はほとんどないと思いますが、子供が湯船で遊んでいる間はゆっくり丁寧に洗う事ができます。

自分の体を洗い終わっても、子供が遊びに夢中になっているときはお風呂掃除のチャンスです。

普段なかなか手がまわらない床や壁、ドアのサッシを綺麗にしましょう。

子供から目を離さなければ大丈夫。

自分も子供も裸の中で掃除をするので、合成洗剤は避けた方が良いでしょう。

合成洗剤の代わりに重曹とクエン酸で掃除をしましょう。

この二つは入浴剤につかわれる程、肌に害がないので安心して使えます。

重曹を振り掛けていつも通りに擦り洗いをするだけです。

汚れが酷いところには、重曹とクエン酸を水でとかしてできた炭酸水をかけて磨きましょう。

洗面器に重曹とクエン酸をいれるとぶくぶくと泡がでるので、子供も面白がるはずです。

水垢がついたお風呂の鏡はクエン酸で磨きます。

壁にはクエン酸を混ぜて作ったクエン酸水をスプレーして拭き上げます。

これで湯船以外はピカピカになるはずです。

子供も遊んで満足してくれる上に、お風呂まで綺麗になる入浴タイム、これは2日に1回は取り入れてもらいたいですね。