断捨離とは

断捨離とは、不要なものを断ち、捨てることで、執着することから離れることを言います。

もともとヨガの「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」という考え方からきています。

執着とは特定の物事に心を囚われて、そこから離れられないことです。

この厄介な執着心を捨て、シンプルで快適な流れるような人生をおくることが目的です。

平成22年頃からこの考え方が広まり、流行語となりました。

「やましたひでこ」さんはこの考え方を広めた断捨離の第一人者で、この方が「断捨離」という言葉を商標登録しました。

断捨離はまず家の中にある物と向き合うことから始め、一つ一つ、本当に自分にとって必要な物であるかどうかじっくり考えます。

無くても生活できる物であれば捨ててしまいます。

「いつか使うかもしれない」や「いつか着るかもしれない」という考え方はしません。

必ず必要な物以外、「~かもしれない」という物は捨てます。

しまっておくだけで、全く出番のない洋服等の物はゴミと変わりません。

物は人の役に立ってこそ意味を成すのです。

「捨てる」という行為に罪悪感がある人は、リサイクルショップへ持っていったり、友達にあげるのもいいでしょう。

誰かに使ってもらえることで、ずいぶん楽に物が手放せるようになります。

こうすることで、自分が本当に必要とするものはなにかが徐々に分かってき、次からは不要な物を購入しない(家に入れない)、「断つ」ことができるようになります。

不要な物を取り除いた家はすっきりとし、生活スペースが広くなります。

自分に必要な、自分の好きな物だけになった家は、風通しがよく、心地良い空間になるはずです。

また、断捨離でいう不要なものとは、物品だけに限らず、人間関係・生活習慣なども含めて考えられています。

家の中の不要なものを手放したことと同じように、自分の心の中も見つめ直し、不要なモノは断捨離するのです。

日頃から苦手としている友人や親戚とのお付き合いを控えることも断捨離の一つの方法です。

苦手な人とのの関わり合いを失くすと、心の負担がその分軽くなります。

勿論、自分の心のマイナス部分も見つめなおして断捨離する必要があります。

まずは生き辛さの原因となる強いこだわりなどを自分で認めることです。自分のマイナス面を見つめることは楽ではありませんが、認めなければ始まりません。

認めた上でそのこだわりを、捨てる・断つ・離れる努力をすることで、より自分が楽に自然体で生きていけるようになります。

心の中には無い方が楽になる考え方の偏りや、習慣が沢山あります。それら不要なモノはとことん捨ててしまうのです。

断捨離を行い、自分の身の周りや心の無駄な部分をそぎ落としていくと、本来の自分の姿が徐々に見えてきます。

そして自分らしく生きていくことに近づくことができるのです。

このように断捨離とは、自分を見つめなおす、自分を考え直す一つのきっかけとなるものです。

1.結婚祝いにル・クルーゼの鍋ギフト【キッチン・ツール.jp】
人気のル・クルーゼがお手ごろ価格でゲットしよう!

2.インド家庭料理ラニ
落ち着いた雰囲気のレストランで本場インドのカレーを味わおう。

3.おいしっくす!おためし中ブログ!
オイシックスの中身をきれいな写真付きでレポートします!

4.トマトハウスの野菜日記
おいしいトマトの栽培ノウハウが満載!家庭菜園の参考にどうぞ!

5.奈良の和食料理店-田舎茶屋 千恵
落ち着いた和室でおいしい野菜料理をどうぞ。いろりもあります!

6.今話題!魔法の新調味料「塩レモン」のまとめサイト
塩レモンのレシピが満載!料理のレパートリーがふえそうです。

7.あなたのワーキングマザーへの悩みや不安を解決します
働くママの不安解消!実体験だからすぐ役に立つノウハウが満載。