早起きで心と時間の余裕が生まれる【朝家事のススメ】

最近「朝活」という言葉をよく耳にするようになりましたが、ご存知ですか?

「朝活」とは、朝早起きをして就業前の時間に趣味や仕事を行うことです。

「朝合コン」まで行われていて、朝の時間を有効に使おうとする人が増えています。

なぜ朝なのか?

それは朝の脳の状態が、前日得た膨大な情報データが睡眠によって整理され、新しく情報を記憶するのに適した状態になっているからです。

早朝に脳を動かすことで脳の活性化も期待できます。

この活動に適した脳の状態を上手に利用するのが「朝活」です。

家事も同じで、朝のリフレッシュされた脳で行うことで、夜行う家事よりも効率的に進めることができます。

それでは早朝から行う家事「朝家事」のメリットを紹介します。

①家事・時間に追われている切迫感が激減する

毎日、会社からの帰りに考えることはなんでしょうか?

「お米を炊いて~、お風呂掃除をして~」と帰宅後の家事の段取りを考えていませんか?

そして段取り通りに行かないとイライラしたり、焦ったり・・・・余計に疲れてしまいますよね。

朝家事で少しでも家事を終わらせておけば、この切迫感が劇減します。

仕事帰りは「夕飯の下拵えは終わっているからすぐ出来るし、お風呂掃除も終わっているから先にお風呂に入ろうか」と、気分が軽くなります。

保育園の園庭で遊びたいとぐずる子供を無理やり引っ張らずに、遊ばせてあげることができます。

やるべきことは前倒しで終わらせておくと後が楽になる、これは仕事でも同じですよね。

特に自分が苦手とする家事を朝終わらせておくと、よりスムーズに一日の家事が進みます。

②邪魔をされずに家事ができる

朝家事は早朝、皆が寝ている時間におこなうので、自分のペースで家事をすることができます。

夜は掃除をしようとしてもリビングにパパがいたり、子供が掃除道具を奪おうとしてきたりと、なかなか進みません。

その点朝家事だと、自分一人で自分のペースで家事ができます。

好きな音楽をききながら、コーヒーの匂いに包まれて家事をする、家事タイムとは言っても素敵な時間になりそうではありませんか?

③子供と一緒に眠れる・子供が起きても焦らないですむ

夜子供を寝かしつけてから家事をするのは、なかなか大変です。

疲れているワーキングマザーに、暗い部屋で布団に入っているのに「寝るな」なんて無理な話です。

それでも子供が寝たあとは、重たい体を引きずって家事を始めなくてはいけません。

不健康に感じませんか?

私が「私、長生きできないかも」と思う瞬間第一位です。

また、小さな子供だとママが隣にいないことを敏感に感じ取り、起きてしまうことがあります。

一度起きるとまた寝かしつけに時間がかかり「明日保育園だから早く寝かせないと!」と焦ります。

そして子供が寝たらまた家事・・・・エンドレスです。

朝家事に変えると、夜は子供と一緒に眠ることができます。

子供はママが隣に寝ていることで安心し、途中で起きることも少なくなるはずです。

朝家事の途中に子供が早く目を覚ましたら、その時は子供を起こしておけばいいのです。

無理に眠らせる必要はないのですから、夜に比べると気持ちが楽です。

早く起きた分、夜は早く寝てくれるかもしれません。

どうでしょうか?

「私、夜型人間だから」と嫌がらないでください。

もっと眠っていたいという欲求を5分ほど我慢すれば目は覚めます。

それだけの我慢で、1日の家事がこんなにスムーズに進むようになりますよ。