ネットスーパー・生協食材配達・宅食で時間・お金の節約を

買い物に行く時間がなかなか取れない人も多いと思います。

また子供を連れての買い物は体力・気力がいるものです。

出来るだけ平日の買い物は避けたいものですが、毎週末にパパを連れて買い物に必ずいけるか分かりません。

そんな人のためにネットスーパーや生活協同組合(生協)の食材配達、食事宅配サービス(宅食)があります。

「配達商品は割高で・・・」と嫌煙する人がいますが、今一度考えてみてください。

子供をスーパーに連れて行くと入り口でまず「自分がカートを押す!」と騒ぐのをなだめなくてはいけません。

時間がない時はお菓子で釣るときもあるでしょう。

なんとかなだめカートの椅子に乗せても「あれが欲しい。これが食べたい」のオンパレード。

周りの目を気にしながら小さくなって買い物をすませ、レジに並ぶと、レジの前にはまたお菓子が並べられています。

子供にレジの順番を待つ間、目の前のお菓子を我慢しろといっても難しいものです。

また子供だけでなく、疲れた時に甘いものを見るとついついかごに入れてしまうこともしばしばです。

買い物が終わった後、かごの中を見てください。

余計なものが入っていませんか?

それを考えると食材配達は割高ではないでしょう。

生活協同組合は、千円程度の出資金を出し組合員となれば利用できます。

週に1回、決まった曜日に商品を配達してくれる宅配サービスがあり、商品受け取り時に来週分の注文書を渡す仕組みです。

その時に再来週配達分の商品カタログをもらえるので、家でゆっくり献立を考えながら商品を選ぶことができます。

騒ぐ子供をなだめるストレスもなく、さ来週分の注文を考えるのはストレス発散にもなるはずです。

最近ではインターネット注文ができる地域もあり、ますます便利になっています。

また「食の安全」にこだわっており、子供に安心して食べさせることができる商品ばかりです。

多くの大型スーパーがサービスを開始しているネットスーパーは、店舗と同じ感覚でインターネットで注文できます。

数百円の配達料はかかりますが、一定金額以上の注文は配達料無料、店頭と変わらない価格、当日配達が可能などサービスが充実しています。

インターネットで注文できるので、通勤時間やお昼休みに気軽に注文できるのも魅力の一つです。

また残業が続く日に頼りになるのが食事宅配サービスです。

決まった献立の材料が切った状態で届けられ、後は炒めるだけ、煮るだけで出来上がるというものから、出来上がった状態で届く手作りのお弁当まで様々なサービスがあります。

これは確かに割高ではありますが、残業後に惣菜を買って帰るより安くすむ上に健康に配慮された献立になっているので安心です。

1週間単位での注文や1日単位の注文など、各社によって様々ですので、各社ホームページを比較してみてください。

前日まで注文受付のところが便利だと思います。

オススメは残業になる日だけでなく、毎週水曜日など曜日を決めての注文です。

料理をしなくていい日が1日でもあるだけで、気分が違ってきますし、なかなか自分が作らない料理を子供に食べさせることができます。

このような配達サービスを上手に利用することで、時間とお金の節約になるだけでなく、子供の食にも配慮することができます。

「毎日ワンパターンの料理ばかり・・・」「保存期間が短い野菜を食べさせる機会が少なくって・・・」という心配も解消することができます。

まさに一石二鳥「賢い手抜き」ですので、ぜひ利用を検討してください。