実はメリットたくさん【夜洗濯のススメ】

洗濯はいつしていますか?洗濯は朝するものだと決めつけていませんか?

その思い込みは損をしているかもしれません。

実は夜にする洗濯はメリットがいっぱいなんです。

ここでは夜洗濯の良さをまとめてみましたので「夜に洗濯なんて・・・」と嫌がらず、読んでみてください。

きっと新しい発見があり、試してみたくなるはずです。

夜洗濯の方法は簡単です。朝と同じように洗濯をし、乾燥機能が付いていれば10分ほど乾燥にかけます。(なくても大丈夫です)

その後は朝までお風呂場や洗面所に仮干しをしておき、朝になったら外に干すだけです。

注意点はやはり洗濯機の音です。ご近所の迷惑にならない時間にしなくてはいけません。

夜の9時までなら問題ないと思います。

それさえクリアできれば、夜洗濯のメリットをゲットできますよ。

メリット①その日の汚れはその日のうちに!洋服に汚れがこびりつく前に洗濯できる

汚れは時間が経てば経つほど衣服にこびり付き落ちにくくなります。

一日着て汚れてしまった衣服をそのまま一晩置いておくと、汚れが落ちにくくなってしまいます。

子供の保育園でつかったタオルや下着も生乾きの状態で置いていると雑菌がすごいスピードで繁殖してしまいます。

夜洗濯だと、汚れがこびりつく前、雑菌が繁殖する前に洗濯してしまうので、清潔に保てます。

乾燥機がある家では、その日汚れた衣服をその日の内に畳んでなおすことができるので気持ちがいいですよね。 

メリット②お風呂の残り湯を有効活用!ぬるま湯で洗浄力アップ

お風呂からあがってすぐのお風呂の残り湯は、35~40度の洗濯にちょうど良い温度になっています。

ぬるま湯は汚れを分解して落ちやすくしてくれますし、粉末洗剤を使っている場合は溶かしやすくしてくれます。

私がおすすめする酸素系漂白剤での洗濯も、ぬるま湯を利用することで洗浄力が断然アップします。

また、お風呂の残り湯を翌朝までとっておき、朝に洗濯をしているという人は注意が必要です。

お風呂の残り湯は大腸菌やサルモネラ菌など、沢山の雑菌がいます。

それらの雑菌を一晩放置しておくと、爆発的に増えていきます。

菌が増える前に洗濯をしてしまった方が衛生的です。

どうしても朝に洗濯機をまわしたい時は、お風呂の残り湯は洗濯機へ移しておき、洗剤や漂白剤も入れておく漬け置き洗いにしましょう。

洗剤や漂白剤を入れることで菌の繁殖を防げますし、一晩漬け置きすることで汚れ落ちもよくなります。

メリット③仮干しをすることで部屋の乾燥をふせぐ

冬場は特に夜洗濯がオススメです。

乾燥しがちなので、夜洗濯をして数枚寝室に仮干しをしておくと、部屋の乾燥が防げます。

さらに夜から翌日の夕方まで干し時間があるため、温度が低くて乾きにくい冬でも綺麗に乾きます。

メリット④寝坊した時はそのまま出勤

雨が降っている日はもちろん、寝坊してしまった日は、外に出さずにそのまま室内干しで出勤できます。

もしもの時も夜洗濯なら安心です。

メリット④深夜電力を使った洗濯で電気料金の節約も

ご近所に迷惑がかからない環境であれば、深夜電力の割引が適用される時間帯からの洗濯がお得です。

深夜電力の時間や割引金額は、各電力会社で異なりますので確認を。いかがですか?

洗濯は朝するものだという固定観念を捨てればこんなにたくさんのメリットを見つけられますよ。

一度試してみると、夜洗濯の気楽さが分かっていただけると思います。